先日取材したのは、ちょうど、以前よりサクラの派遣社員をしている五人のフリーター!
駆けつけたのは、キャバクラで働いていたAさん、今ひま男子学生のBさん、今ひまクリエイターのCさん、タレント事務所に所属するのを諦めたDさん、芸人志望のEさんの五人です。
筆者「では最初に、金持ち女が寂しくて若い女性買うやり出すキッカケから質問していきましょう。Aさんからお願いできますか」
A(元メンズキャバクラ勤務)「わしは、女心が知りたくて気がついたら始めていました」
B(大学2回生)「おいらは、金持ち女が寂しくて若い女性買う稼げなくてもいいと思えず始められませんでしたね」

会って 金持ち女が寂しくて若い女性買う 今ひまをナメるな!

C(シンガー)「俺様は、歌手をやってるんですけど、長年やっているのにさっぱり稼げないんですよ。食えるようになる為にはくだらないことでもこつこつ下積みするのは不本意ですが今ひま、こういうバイトでもやりながら会って、とにかくアンダーグラウンドな経験値を上げようと思って」
D(タレントプロダクション所属)「私は金持ち女が寂しくて若い女性買う、○○ってタレント事務所で音楽家を辞めようと考えているんですが、金持ち女が寂しくて若い女性買う一回のステージで500円しか頂けないんで…先輩が紹介してくださったサクラのバイトをやっていたんです」
E(若手お笑い芸人)「実際のところ、今ひまおいらもDさんと似たような状況で、金持ち女が寂しくて若い女性買う1回のコントでほんの数百円の侘しい生活してるんです。先輩に紹介していただき、会ってゲリラマーケティングの仕事をすることになりました」
なんてことでしょう、五人のうち三人ものメンバーが芸能事務所に所属しているという至って普通のメンバーでした…、やはり話を聞いてみたら金持ち女が寂しくて若い女性買う、彼らにはステマ独自の心労があるようでした…。

YOU!会って 金持ち女が寂しくて若い女性買う 今ひましちゃいなYO!

質問者「もしかして今ひま、芸能人の世界で売り出し前の人って、サクラを同時に行っている人が多く見受けられるのでしょうか?」
E(某芸能人)「そうだと聞いています。サクラの仕事内容って、シフト思い通りになるし、私たしみたいな会って、急にステージの予定が入ったりするような生活の人種には正に求めているものなんですよ。イレギュラーな空き時間にできるしちょっと変わった経験の一つになるし…」
C(とあるアーティスト)「なかなかできない経験になるよね、女性のキャラクターとして接するのは一苦労だけど我々は男だから会って、自分がかけられたい言葉を向こうに投げかけてやればいい訳だし、男の心理をわかっているから、相手も容易に飛びついてくるんですよね」
A(メンキャバ勤めの男性)「意外な話、女の子でサクラをやっている人は男性客の心がわかってないから正直言って下手っすよね」
ライター「女性のサクラより、男のサクラの方が向いているのですか?」
D(とある芸能関係者)「まぁ今ひま、そうですね。より良い成績を残しているのは大体男性です。しかしながら、今ひま僕みたいなのは女性キャラクターを演じるのが上手じゃないので、今ひまいつもこっぴどく怒られてます…」
E(ある芸人)「言わずとしれて、不正直ものがのし上がる世界ですからね…。女性になりきるのが思いのほか大変で…僕らも苦労してます」
筆者「女性になりきって演じ続けるのも、思った以上に大変なんですね…」
女の子のキャラクターのどのようにしてだましとおすかの話に花が咲く彼ら。
そんな会話の中で、会ってあるコメントをきっかけに会って、自称アーティストだというCさんに関心が集まったのです。

Categories: 雑学を紹介